mamuのコーヒーブログ

世界のコーヒー、カフェ、デザートをまとめています

「ベンティサイズのアイスコーヒーないんですか?」と言われた話

梅雨どこいった?ってくらい気温が上がった6月でしたが、カフェでは朝からアイスコーヒーがよく注文されました。

 

 

当店では10:00-12:00はGOOD TIME ということになっており、アイスコーヒーとアメリカーノが半額の200円でご注文できるんですね。

 

 

徐々に常連さんも増えてきまして、ほとんど毎日お立ち寄りになる方もいらっしゃりありがたい限りです。

 

 

そんなおりにタイトルにあるとおり、Lサイズのアイスコーヒーをご希望されるお客様がポツンポツンと出てきてまいりました。

 

 

こんだけ暑かったらグッと飲んですぐなくなってしまうということも理解できます。2杯頼めばいいというのも1つの手ですが、そこまでは...というのもわかります。

 

 

ただ、過去にエレファントでもSMLと3種類のサイズ展開をしていた時期があり、少しのカップの在庫もあるのでメニューを限定して【MEGA◯◯】みたいな感じでやろうかなぁと考えたりしています。

メガアイスコーヒーとかメガカフェラテとかいいけど、メガってなんか古いひびきのような気もする。まだ、テラとかペタの方が令和サイズな気もしなくもない

 

そのお客様が、スタバの最大サイズのベンティみたいなのがあるといいなぁと、そんなことをおっしゃっていました。ググると、ベンティは590ml、20オンス。で、でかい...。

 

f:id:manjinote:20210629155323j:image

f:id:manjinote:20210629170715j:image

 

今在庫にあるカップは16オンスで480ml、スタバでいうグランデサイズですね。新たに20オンスのカップ探して在庫抱えるというのも、まぁそれは微妙オブ微妙なので、16オンスでどうにかメニュー化できればなと頭の体操をしているところでございます。

 

 

現在の標準カップが14オンスなので、2オンス差、つまり60ml差...。カップの大きさも見た目で大きくなったと感じられる。これでお客様の希望が満たされるのか...でもやってみるしか...。

 

 

小さく小さく初めてデータをとるのが無難なのかなと思ったりしてます。

大風呂敷広げたらすぐ破綻しがち

 

全メニューで対応、ホットも対応...とかなってくると作業量的にもオペレーション的にもお客様へのご案内的にもパンクしそうなので。まずはアイスコーヒーだけでもやってみようかなと思ってます。

ワンオペだいじ

 

 

 

レシピは現在通常サイズは15gのお湯に150gのお湯を注いで作っています。グランデサイズは20gの豆に210gのお湯でいこうと思います。

 

サイズ感はこんな感じ。左がグランデ、右が通常サイズです。

f:id:manjinote:20210629164356j:image

 

値段は50円プラスの450円(グッドタイムは250円)にしようかなと思います。注文が交錯すると

テンパりそうですが、なんとかやっていきます。

 

好評ならカフェラテやエレファントラテもグランデサイズでのご提供もできればいいかなとおもいます。

ピッコロアイスコーヒーとか言って小さいサイズのもやりたいなと考えてたり...

 

長くなりそうなので今回はここらへんで。いろいろありますが、お客様が喜んでご来店いただけるようなサービスがひとつでもふたつでもできればな、そしたら自然といい場になるだろうなと思ってます。

 

梅雨なのでがんばりすぎないでぼちぼちやっていきますー。


おすすめカテゴリ


コーヒー/カフェ

▶︎すべての記事
▶カフェで人気のデザートかんたんレシピ(チーズケーキ、抹茶アイス、ガトーショコラ編)
▶︎ おすすめのホットコーヒーとアイスコーヒーの淹れ方(HARIO V60透過ドリッパー)
▶︎「ここのチーズケーキ、黒胡椒にすごく合うわ」世界一おいしいカンボジア黒胡椒との出会い
▶︎コーヒーにブラックライトあててみた (発酵と発光についての実験記録)
▶︎ 「ベンティサイズのアイスコーヒーないんですか?」と言われた話

ネパール

▶すべての記事
▶ネパール語であいさつ!現地で役立つ挨拶フレーズ10選
▶ネパール語で会話するための最速方法
▶【厳選】初級ネパール語 - 日常会話100フレーズ
▶第1回ネパール語検定(平均点77点、誤答多い問題「バヤン」「マンガルバール」)

映画

▶すべての記事
▶今月の映画 2021/06
▶映画『DAWN WALL/ドーンウォール』のレビュー
▶Netflix『ヘッドスペースの瞑想ガイド 第1話 瞑想を始めるには』 レビュー