いまむうブログ

ほぼノンフィクション。面白さは保証できません。

ネイティブがよく使う英語の定型フレーズ10選

f:id:manjinote:20190626235855j:image英語がペラペラになりたい

そう思って観始めたのがアメリカの人気ドラマシリーズ「フレンズ」。とにかく英語字幕をつけて観まくっています。その中で気づいたことがあるんですね。それは意外と同じ言い回しが何回も出てきているということです。しかも、丸々同じ形、そう定型文です。早くペラペラになるにはまずは出てくるとわかっているものから潰すのがいいと思ったわけです。むしろ、出てくるとわかっていながら対策しないなんてバカの戦い方だと思ったわけですよ。ボクシングならノーガードでボコボコ叩かれるのと同じですよ。

 

ネイティブが使う生の定型文をリスト化

定型文をマスターするなら効率よくやりたいところ。Youtubeを漁っていたら良い教材がありました。サンフランシスコに住む起業家Marinaさんの動画です。ロシア出身で小さい頃から英語学習をしていたようです。アメリカに留学して本格的に英語学習、特に発音やスピーキングに力を入れたようです。第2言語を習得するという同じ状況で彼女がどのように英語に向き合っていったのかというのも他の動画の中で紹介されています。今回はこの動画の前半10個を解説付きで紹介したいと思います。

50 COMMON ENGLISH PHRASES / linguamarina

www.youtube.com

How is it going?

How are you?と同じ意味で「元気?」という意味です。日常ではほとんどgoingの音しか聞こえません。1日の初めにgoingと聞こえたら、それは挨拶なのでGoodとか、WellとかNiceとすかさず返しましょう。その後は続けてHow about you? / About you? / You? などと聞き返しましょう。

Long time no see.

「久しぶり」という意味です。時間の感覚は人それぞれですが、久しぶりに会ったなと思うときは使ってみましょう。

What have you been up to?

こちらも久しぶりに会う人に対して「何してたの?」という意味です。会っていなかった時間に、実際にしていたことを聞いています。「仕事していた」「家にこもってNETFLIX観てた」「日本に帰っていた」という風に返します。

Can’t complain!

「順調です」「まあまあです」という意味です。すごい良いっていうことはできないけど、まあまあかなって時に曖昧な答えとして使います。complainは「不平不満を言う」と言う意味なので直訳すると「不平不満は言えない」となり、結果「まあまあだね」と言う中間の答えになります。

A: How was your test?

B: I can’t say it’s good, but I can’t complain.

How do you know?

「なんでわかるの?」という意味。ダイエット中にこっそりスイーツを食べて隠してたんだけど、お母さんに「あんた甘いもの食べて帰ってきたわね」なんて言われた時に使います。言ってもなくて、相手が知らないはずな状況の時に事実をグサッと当てられた時に使います。「えー、なんで知ってんの?」っていう感じに。

That's a good one!

誰かがうまい冗談やおもしろいギャグを言った時に「うまいね!」と言う意味で使います。アメリカでの会話では日本人には理解が難しいアメリカンジョークが繰り広げられます。僕はわからないときはThat's a good one! と言い切ってしまったり、Interesting! と言い切ってしまいます。ギャグの説明されたところで、文化の違いのせいで面白さが理解できないことが多いので、場の雰囲気を大事にして言い切ることにしてます。

It’s very kind of you!

親切なことをしてくれた時にThank you. と言わずに「ありがとう」と伝えることができます。詳しく述べたいときは to を使って具体的に伝えます。以下の例文は全て「ありがとう」というのがメインの伝えたい意味です。

It's very kind of you to help me!

It's very kind of you to advise me do my homework!

It's very kind of you to invite me to the party!

Thank you anyway!

「とにかくありがとう」という意味です。普通のありがとうとは違います。使うタイミングとしては具体的には2種類あります。

  1. 相手のオファーを断るとき
  2. 相手が自分のために何かしようとしてくれたんだけど、力が十分でなくて達成できなかったとき

相手のオファーを断るとき

A: Would you like a lift home?
B: No, I’ll just take a taxi. Thanks anyway.

「家まで送ろうか」という相手のオファーに対して No と断っています。「でも、気持ちが嬉しいよ。ありがとう」という意味で使われています。

相手が自分のために何かしようとしてくれたんだけど、力が十分でなくて達成できなかったとき

A: Do you have more eggs in the back?
B: I think we do. Let me check.(戻ってきて)Sorry, we’ve run out.
A: Oh, alright. Thanks anyway.

実際には卵はなかったんですが、卵を確認してきてくれた行為そのものに対して「ありがとう」と伝えています。

Thank you in advance!

メールで何か頼みごとをした時に使われます。メールの最後に使われて、依頼に添えて感謝の意を述べるとともに「頼むね」「良い仕事/結果を期待してるよ」と暗に伝えています。

No worries!

ざっくりと「大丈夫」という意味。No problem. と同じような使われ方をします。落ち込んでいる相手に「大丈夫だよ」と言ったり、謝ってきた相手に「大丈夫だよ」、ありがとうを言われても「大丈夫だよ」、何か頼みごとをされても「大丈夫だよ」と言いますね。日本語と同じような感覚で「大丈夫」って使ってみてください。 

 

まとめ

今回は10フレーズだけでしたが、どうでしたか?意外に簡単だと感じませんでしたか?でも、ドラマとか日常会話の中に出てくると「あれ?なんだっけ?」となっちゃうんですよ。ネイティブの会話のスピードは本当に速いので、定型文に対しては反射で理解して、反射で返答できるくらいにしとかないとペラペラにはなれません。僕ももっともっと英語勉強したいなと思っています。ぜひ皆さんも一緒に勉強しましょう。動画の残りの40フレーズについても今後記事を書いていこうと思います。

 

こちらの記事もどうぞ

www.mamu.site