いまむうブログ

ほぼノンフィクション。面白さは保証できません。

【英語学習】海外ドラマ「フレンズ」シーズン1終了 《計528分=8.8時間》

f:id:manjinote:20190626235919j:image英語学習、特に英会話力向上には海外ドラマが効果的、という記事を今までの人生の中で何度も見てきました。そして、数あるタイトルの中で大人気の作品が『フレンズ』です。

 

フレンズ(Wikipediaより)

『フレンズ』(Friends)は、アメリカ合衆国のNBCで1994年から2004年にかけて放送されたテレビドラマ(シチュエーション・コメディ)。いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。

NETFLIXで字幕をつけて鑑賞

現在NETFLIXではフレンズの全話が観れます。シーズン10まであり、各シーズン24話、1話22分です。合計すると約100時間にもなります。まずは字幕をつけて、100時間マラソンを始めることにしました。

僕の英会話力は幼稚園児レベル

ネイティブの会話は聞き取れるけど、自分の思っていることが上手く話せないという状況の僕は、もっとペラペラに英語がしゃべりたいと日々悩んでいました。おそらく幼稚園児くらいの発話量です。

質より量が大切

今、アメリカに住んでいるわけですが、日本人の同僚も多く、純粋に英語に触れる機会が足りてないと感じました。とにかく、量が足りない。そんな事を思いながら、日々英語のしゃべれない自分自身にうんざりしてました。そこでフレンズに英語不足を解決してもらおうと思ったわけですよ。ネイティブと話せばいいじゃんと思いがちですが、僕がそれを選ばなかったのは非効率だと感じたからです。

ネイティブと話すことが初期の英会話向上において非効率な理由

相手を探さないといけない

まず話す相手をさがさないといけない。しかも、ある程度こちらの英語のレベルを許容して会話してくれる人が必要になります。そうなってくるとリアルで探すのは面倒くさいのです。ネットで探してもいいけど、初期投資としては時間も金もかかるので僕は微妙だと感じました。

自分のペースで学習できない

僕はやるときはやる、やらないときはやらない、というオンオフの激しい人間です。だから気分が乗ったときにはガッツリやりたいし、そうでなかったら距離を置きたい。そんなことしてたら、対面のネイティブとの関係では上手く行かないわけですね。自分で学習が進められる人であれば、NETFLIXを自分のペースで観てたほうがいいなと思ったわけです。

 

経過報告

2019/5/9にフレンズを観始めて、6/2にシーズン1全話24話を観終えました。1話22分なので合計528分=約9時間の積み上げをしたことになります。かなりスロースタートになってしまいましたが、まあまあ楽しみながら観れたと思います。肝心の英語力は...上がったと思います。特にフレーズの中にあるネイティブ独特の抑揚やリズムを真似できるようになってきました。リアルな生活でも使えそうなものは、覚えておいて練習したりして自分のものにしている状況です。

 

シーズン2に突入しました

気持ちが乗ってきたのでこのままシーズン2に突入しました。今6話です。とにかく英語に触れる量が大切だと思うので、シーズン10まで突っ走って行きたいと思います。シーズンごとにこうして記事にできたらいいなと思っています。その都度成長できればいいですが、そうはいかないかなとも思っています。でもそれはそれで事実なので、包み隠さず公開していきます。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。英語学習のことなど、これからも実況していこうと思っています。読者登録まだの方よろしくお願いします。

 

こちらの記事もどうぞ

www.mamu.site