いまむらはかんがえた。

日頃から僕が考えてることをシェアします。少しでも読者のみなさんのお役に立てたら幸いです。ようこそ僕のブログへ

英単語を超時短でマスターする秘密の方法 [神アプリmikan]

英単語を制する者は、英語を制す!!

 

言葉は単語から成り立っているわけですが、英語の文章も英単語から成り立っています。当たり前の事を言っていますが、最近は英単語を軽視しがちな風潮があります。断言しますが、どんだけ勉強しても英単語がわかってなかったら、先には進めません。

 

だからといって英単語に時間をじっくりかけるというのもオススメできません。ですので、今回は最速で英単語を覚える方法をお伝えしたいと思います。

mikanという神アプリ

f:id:manjinote:20190602005019j:image

mikanという無料アプリで学習する方法がおすすめです。1週間もやりこめば英単語マスターになれます。早速ダウンロードしてください。アプリ内課金はありますが、今回は使わない方法をご紹介します。

まずは中学英単語から始める

f:id:manjinote:20190602005138j:image

どれだけ英語が得意でも苦手でも、まずは1番基礎の中学英単語から始めましょう。大丈夫です、得意な人はすぐクリアできるので時間の無駄はありません。

ゲームをとことんクリアしていく

もう、これだけです。ステージをどんどんノンストップでクリアしていきましょう。ステージの進むべき順番は以下の通りです。

  1. 中学英単語
  2. 高校基礎
  3. センター英語
  4. 大学受験
  5. TOEIC
  6. TOEFL
  7. GRE

f:id:manjinote:20190602011037j:image

大事な設定

テストモードで駆け抜ける

f:id:manjinote:20190602011645j:image

メニュー画面右下にある設定からゲーム形式の変更を行います。ゲームはカードめくりではなく、四択テストにします。わからない単語があってもいいので、頭を使わずにスパスパと進んでいきます。もちろんどんどん間違えましょう。

問題数は10問

問題数は10問に設定し、サクサクと進みましょう。10問だと1セッションで1分もかからないので、隙間時間にも積み上げることができます。また、次のステージをオープンさせるには全問正解しないといけない確認テストが出てくるので、設定問題数を多くしているとそれだけで難易度がグッと上がります。ここでは、あくまでスピーディにマスターしていくことがじゅうなので10問でいいんです。

細かい設定

時間設定は5秒以下に

細かい設定はメニュー画面からしかできないようになっています。

その他⇨設定 と進んでください。

f:id:manjinote:20190602011903j:imagef:id:manjinote:20190602011905j:image

制限時間を短くしてください。できれば始めは5秒がおすすめです。慣れてきたら2秒がおすすめです。頭を使ったら負けです。反射神経でフラッシュカードのようにバンバン進んでいきます。反射神経で選択肢のボタンにタッチする快適な時間が2秒なんです、僕の場合は。

f:id:manjinote:20190602011609j:image

 

効果音はゼロに

スピーディに進むときに、不正解音は邪魔なので音量をゼロにします。逆に英単語の発音は音量マックスにしておきます。

あとはやりこむだけ

大事なのは短期間でガッとやりこむことです。できれば土日などの2日間などまとまった時間を取って、1日中ゲームしまくることです。どんどんステージのロックを外して、全クリして、その後、緑色の総復習ボタンを使って達成率を100%にしましょう。

 

英単語を制する者は、英語を制す!!

f:id:manjinote:20190602070200j:image

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。読者登録まだの方はよろしくお願いします。