いまむうブログ

ほぼノンフィクション。面白さは保証できません。

米億万長者 大学卒業式で400人分の学生ローンを肩代わりすると宣言

f:id:manjinote:20190520104345j:imageなんとも嬉しい、そして考えさせられるニュースが飛び込んできました。アメリカの億万長者ロバート・F・スミスさんは、大学卒業式でのスピーチの際、2019年度の卒業生400人全員の学生ローンの肩代わりをすると宣言しました。総額、約50億円になるとのことです。

彼が学生ローンの免除を宣言した時の会場での映像です。

学生ローン免除もすごいですが、それ以前に、彼は大学へ2億円弱の寄付を申し出ていました。そしてスピーチの中で

“This is my class,”

 “and I know my class will pay this forward.”

(僕のクラスだ。僕のクラスはこれを別の人にきっと返してくれると思ってるよ。)

と言うんです。このおっちゃん、カッコよすぎる。渋すぎますね。

 

僕も大学院を修了した時点で、500万円の学生ローンを抱えて社会にでました。毎月3万返済。そりゃ不安だったし、実際生活が苦しくて初めの2年間は、返還延滞の手続きをして止めてもらっていました。もし僕があの会場にいたら、ステージに上がっておっちゃんにハグしに行ったんじゃないかと思います。そのくらい学生ローンと言う名の借金は、僕の未来に暗い影をさしていました。

 

若い人に借金させて儲かるのは金融機関ですが、損するのは人類全体です。北欧なんかは大学がタダで行けて、なおかつ毎月10万円の支給がある国もあるくらいです。北欧のシステムはすごく合理的だと思います。大学行って勉強してたら貯金もたまるなんて、最高じゃないですか。じゃあ大学行こうって若い人が増えますよ。外国からも良い人材が入ってきます。バイトだってしなくて学生生活に専念できます。将来を見据えた賢い先行投資です。

 

僕は今はまだ全然稼いでないし、彼のようなカッコいいことはできません。でも少しでも若者の不安を取り除いたり、背中を押してやれるようなことが将来やりたいです。ペイフォワードではないですけど、たくさんの人のサポートがあって今があるので彼を目標に生きていきたいです。

 

500万円の奨学金がチャラになったらいいのにな。いやいやそんくらいサクッと返して、次の若い人のサポートにまわんなきゃね。

 

にしてもロバートさんってどんな人なんでしょうか。テクノロジー関連の投資家のようです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ

www.mamu.site