暴食ネパール 〜2年間住んだ僕のおすすめ〜

ネパールの首都カトマンズのグルメをお届けします。ネパールは北海道の2倍という小さな小さな国。神々が住む孤高ヒマラヤ山脈の麓で、50以上の多民族が争うことなく共存する。お互いの文化を受け容れあい、今日まで続いて来たネパール。街全体が世界遺産の首都カトマンズ。歴史と伝統、文化が織りなす渓谷の人々の暮らしにズームしていきます。


ネパール語学習者にオススメ記事5選

オススメ記事5選

1、日常会話100フレーズ

https://www.mamu.site/entry/2018/04/30/203039

2、カタカナで学ぶ文法シリーズ

https://www.mamu.site/entry/2018/05/02/235139

3、歌で学ぶシリーズ

https://www.mamu.site/entry/2018/10/31/195424

4、ネパール語検定

https://www.mamu.site/entry/2018/01/15/060000

5、207単語でネパール語話せるか[コラム]

https://www.mamu.site/entry/2017/11/14/112819

ネパール語はカタカナで学べばいい

f:id:manjinote:20190129181846p:image

ネパール語は比較的日本語と似ていて、英語の1000倍は習得しやすいです。語順が同じなので、単語だけ覚えれば、日本語の脳のまま、単語を並べていくと通じてしまいます。発音に関しても、厳密な音の違いは存在しますが、日本人がカタカナで発音しても通じてしまいます。ネパールは125個の民族で構成されており、もちろん言語もそれぞれ異なります。ですので、ネパール語自体が英語のように共通語の役割をしており、音そのものには特にナーバスではなく、伝達に重きが置かれています。聞く側も、話者の伝えたいことを汲み取ろうと努力する姿勢が強いです。フランスのように、すこし発音が違うからといって、聞く耳を持たない、なんてことはほとんどありません。

 

良書『ネパール語基礎(大学書林)』の読みにくさ

ネパール語の学習の王道は大学書林の『ネパール語基礎』です。体系的かつ網羅的に文法がまとめられてあり、しっかり読み込めば基礎文法は習得できる構成になっています。が、しかし、残念なのが、読み方がローマ字表記してあり、僕にとっては読みづらくプチストレスでした。RやL、TやThaの発音の違いは大事ですが、会話する上でほとんど区別されていません。だから、カタカナ表記で書いてくれたら、学習初期は10倍くらい早く習得できただろうなと思ったわけです。

 

カタカナで学ぶのが1番速い

発音に特に気をつける必要がない、学習初期はカタカナで学べば速攻で話せるようになります。カタカナであれば、若者だけでなく、年配の英語に抵抗がある層も大きな障害なく取り組めます。

 

カタカナで勉強しましょう。話せるようになれば、会話の中で、発音やイントネーション、リズムなどを実践的に真似して修正していくといいと思います。それが2年間ネパールで過ごした僕がオススメするネパール語習得方法です。ぜひカタカナで、楽しんでネパール語学んでみませんか。