暴食ネパール 〜2年間住んだ僕のおすすめ〜

ネパールの首都カトマンズのグルメをお届けします。ネパールは北海道の2倍という小さな小さな国。神々が住む孤高ヒマラヤ山脈の麓で、50以上の多民族が争うことなく共存する。お互いの文化を受け容れあい、今日まで続いて来たネパール。街全体が世界遺産の首都カトマンズ。歴史と伝統、文化が織りなす渓谷の人々の暮らしにズームしていきます。


可愛いプリーツと大胆カットのブランド【KAYA】

欧米通りのちょうど真ん中あたりに日本人の方が経営されている、ファッションブランドのお店があります。

 

お店の名前は【KAYA】

 

f:id:manjinote:20171215224935j:plain

長い間営業されているらしく、最近、欧米通りをぶらついているとオーナーさんをよくお見かけします。

 

そもそもここのお店は、ビソバサの男友達が

 

「レディースなんだけど、日本人のやってる店で、センスがいいんだよ」

 

と紹介してくれて初めて連れて行ってもらいました。

 

彼は太めのパンツ、スカートにも見える大きなシルエットのものを気に入って履いていて、素材とか、独特の折り目がいいなあと思っていました。

 

本当に小さな小さな店舗でしたが、厳選された商品が並んでいました。

 

f:id:manjinote:20171215225032j:plain

元々は日本でマタニティブランドとして紹介されたようで、お店にあるものは大きめのシルエットのラインナップになっていました。

 

メンズでも全然大丈夫なくらいの大きさのものも見かけられます。

 

素材は薄いジーンズ生地のようなもので、しっかりとしていて、冬にいいなという感じ。

 

少し硬そうな印象も受けましたが、一度洗うと柔らかさが出るみたいですよ。

 

 

あわよくば、自分用に「いいのないかなー、ネパールっぽいものないかなー?」と思ってたんですけどね、袖丈が足りなかったです。

 

「彼女にプレゼントするのもいいかもねー」

というオーナーのアドバイスもあって楽しく服を見ることができましたー。

ありがとうございました。

 

カトマンズに小さな工場があるらしくて、そこで細かいミシンの作業とかをして独特な折り目を作ってるみたいですね。

 

折り目を見ていると、日本の友達がイッセイミヤケのプリーツプリーツのことを話していたのを思い出しました。

 

こんな感じで折り目とシルエットが可愛いんですよ。

 

f:id:manjinote:20171215225138j:plain

 

こんな白黒のジャケットも。

 

f:id:manjinote:20171215230403j:plain

 

細かーくミシンの折り目がついていて素材感が活かされてるなと思います。

 

f:id:manjinote:20171215225131j:plain

 

あったかそうな可愛い靴下たちもありましたー。

 

全部日本製らしいです。

 

f:id:manjinote:20171215225058j:plain

 

今日のMAMUポイントは......

94ポイント!!

 

可愛いプリーツと大胆なカットのデザインは男女問わずに愛されるものだなと思います。細かいプリーツが愛くるしくてたまらないです。ネパールと日本が融合した、ネパールでも日本でも着れるデザインです。ぜひ一度ご覧になってください。ネパールのおみやげに1着買うならココです。

 

アクセス