暴食ネパール 〜2年間住んだ僕のおすすめ〜

ネパールの首都カトマンズのグルメをお届けします。ネパールは北海道の2倍という小さな小さな国。神々が住む孤高ヒマラヤ山脈の麓で、50以上の多民族が争うことなく共存する。お互いの文化を受け容れあい、今日まで続いて来たネパール。街全体が世界遺産の首都カトマンズ。歴史と伝統、文化が織りなす渓谷の人々の暮らしにズームしていきます。


女性限定タトゥーの現場潜入取材

  • ネパールで人気の、1週間で消えるタトゥーを入れている施術現場に突入し、押し売り営業をかわしつつ、少しだけリアルな情報を仕入れた話。

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727120006j:plain

 

7月はネパールでは、夫への愛の証拠として、女性は自身の手にタトゥーを描きます。街中で多くの女性がタトゥーをしているので、この文化はネパールの人々に浸透しているんだなと思います。どうゆう感じでタトゥー入れているのかなー?と思っていたら、ちょうどその現場を見かけたので直撃しました。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727120036j:plain

 

私「こんにちわー。日本人の学生です。見学してもいいですか?」

女性「こんにちわ。中国人じゃないの?日本人なのね。」

私「この液体ってトウモロコシの液って聞いたことがあるんですけど、本当ですか?」

女性「違うよー、ヘナっていうのよ。やってみる?」

私「やらないよ。ヘナってなに?」

女性「ヘナっていう植物があるのよ。コレ。」

f:id:neparuntaizaiki:20170727120043j:plain

私「あー、こうゆう風になってるんだ。入れ物はチョコレートみたい。」

女性「チョコレートじゃないよ。へんなこと言うねー。」

f:id:neparuntaizaiki:20170727120019j:plain

私「ところで、この木も使うんですか?模様がいっぱいあるけど。」

女性「入れる気になった?どの模様がいい?」

私「だから入れないって。模様のサンプルなの?」

女性「そうよ。これを見てお客さんに選んでもらうのよ。どれがいい?」

私「どれもいいデザインだと思うけど、やらないよー。」

女性「なんだ、試してみればいいのにー。じゃあね。」