暴食ネパール 〜2年間住んだ僕のおすすめ〜

ネパールの首都カトマンズのグルメをお届けします。ネパールは北海道の2倍という小さな小さな国。神々が住む孤高ヒマラヤ山脈の麓で、50以上の多民族が争うことなく共存する。お互いの文化を受け容れあい、今日まで続いて来たネパール。街全体が世界遺産の首都カトマンズ。歴史と伝統、文化が織りなす渓谷の人々の暮らしにズームしていきます。


緑色コーデが流行りのネパール女子

  • ネパールの学校や街角のマダムの、緑色のコーデを紹介する話。

 

緑コーデには深い意味があります

ネパールの7月は街中に緑色の服を来た女性が増えます。服だけじゃなくて、腕にはブレスレットやタトゥーも見れます。早速、学校の先生ががっつりと7月仕様の服装で現れたので写真を撮らせてもらいましたー。こちらが今日の緑コーデ。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727164359j:plain

 

手首には緑のブレスレット

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727164409j:plain

 

手のひらには、メヘンドゥーというヒンドゥー教のタトゥー

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727164243j:plain

 

街の中にも緑コーデの方はたくさんいらっしゃいます。お買い物帰りの奥様。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727164305j:plain

 

パクチーを大量買いしていた、おばちゃん達。終始、笑ってましたね。買い物が楽しそうでした、いい歳の取り方ってやつですね、憧れる。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727164326j:plain

 

そして最後に現れたのが、学校のクラスメートの二人。なぜか緑色コーデだったんで、一応ノリで撮影しときました。気さくないい奴らです。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170727170716j:plain